ED(器質性ED)の大きな原因の一つとされるのが糖尿病です。

現在糖尿病は、蔵秘雄精生活習慣病の中でも増加率が最も高い疾患と言われていて 糖尿病が原因となり発症する病気の危険性が叫ばれています。 その中で、EDも糖尿病が原因で発症する場合が多い疾患の一つです。

何故糖尿病でEDになるかと言うと、糖尿病と言う病気が血液と血管と神経を冒す病気だからです。 特に血液の汚れと血管の障害は、巨人倍増勃起障害の大きな原因となります。

勃起のメカニズムにもあるように勃起して持続する為には 陰茎(ペニス)に血液が溜まる必要があります。然し糖尿病で血管が動脈硬化を起こしていると、 陰茎の中にある海綿体に、十分な血液を供給する事が不可能になってしまいます。

また血液の汚れによる血流の低下も、勃起時の硬さを阻害する原因となります。 他にも糖尿病になると高血糖に長期間さらされる事になる為、陰茎海綿体に分布する神経が侵されます。

糖尿病の合併症の中で、泌尿器系の症状ではEDが代表格となります。 更に糖尿病治療の為に処方される薬による副作用でも勃起障害を起こす事があります。

その為糖尿病とEDを改善するには、シアリス 通販食生活や運動習慣などの生活習慣を改善する必要があります。

現在は糖尿病予備軍まで合わせるとその数は数百万人とも言われますが、 実際に糖尿病患者の全ての方がインポテンツになっていると言う事は無く、 糖尿病患者の約半数がEDを発症していると言われています。

ですので必ず糖尿病=EDと言う事でもなく、糖尿病のEDの方でもED治療薬 (バイアグラやレビトラなどの)で改善が見られるケースも多くあるようです。

然し、だからと言って糖尿病を改善せず、EDを薬などで改善するだけの方法はお奨めできません。

何故なら、糖尿病もEDも生活習慣に影響される部分や加齢に影響を受ける部分があるからです。

その為、運動や食生活等の生活習慣を改善して、生活習慣病を予防して行くことは 将来的に糖尿病とEDのみに関わらず、健康全般に役立つからです。

EDを予防して男性機能を長く維持していきたいなら、日頃からの良い生活習慣を 持つ事はとても大切です。生活習慣病に関わらない体を維持する事は 40代を越えてからの性生活に大きな影響を与えます。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-09 (土) 17:38:51 (2181d)